真田 浩一 Kouichi Sanada

(令和3年度兵庫県医学検査学会(第26回) 学会長兵庫県立姫路循環器病センター)

この度、令和3年度兵庫県医学検査学会(第26回)を開催いたします。

今回のテーマは「啓 HIRAKU 〜気になる検査にZoom in〜」です。「啓」は3つに分解すると、「戸」は神棚の扉、「攵」は手、「口」は神様のお祈りに使う器であり、3つ合わせて「神棚に向かってお祈りする」様子を表しており、「ひらく、開放する、導く」などの意味を持つことから、「啓」一文字で「HIRAKU」と読ませ、臨床検査の未来がひらかれるようにとの願いを込めています。

新型コロナウイスル感染者数は落ち着いてきておりますが、アフターコロナ、ウィズコロナにおける学会のあり方および兵庫県の抱える地理的な問題(遠方の方々の参加)などを見据えてWeb開催(オンデマンド配信あり)を選択しました。また、Web開催は一方通行になりがちなので、参加者の皆様に少しでも参加した実感を味わってもらうため、特別企画は「リアルタイムアンケートによる参加型セッション」形式で行います。

一人でも多くの皆様のご参加および演題投稿をお待ちしております。